メンタルコーチングとの出会い

Facebook にシェア
LINEで送る

 

 私がスポーツメンタルコーチングと出会ったのは、まだ実業団チームでアーチェリー選手をしているときのことでした。

 スポーツメンタルコーチ養成講座のクラスにオブザーバーとして参加させて頂きました。その時の第一印象は「なんだろうこの空間は…」でした。クラスには全国各地から集まった方々がいるのですが、指導者だけでなく、スポーツをしている子供を持つ保護者の方や、経営者の方、その他にも様々なバックボーンの方がいました。参加している目的も、現在の活動状況も年齢性別もバラバラ、ですが不思議と一体感というか居心地の良さを感じました。

 そして何よりエネルギー感がすごいのです。スポーツ選手は自分のために努力をしますが、コーチングを学びに来ている方たちはそのスキルを使って選手や子供を成長させたい、チームマネジメントや組織運営に活かしたいと、誰かのために努力をされています。そんな人々が集まった空間のエネルギー感、居心地の良さに最初は圧倒されていました。

 そのクラスの中で私はアスリート役でコーチングのデモセッションを受けることになりました。これが私の最初のコーチング体験です。贅沢なことにコーチングを学びに来ている受講生の方たちの前で、そのクラスの先生である私も尊敬するスポーツメンタルコーチ柘植陽一郎さんから直々にコーチングを受けました。

 最初は、受講生の方たちの参考になるように良いアスリート役をやろう、というような意識が少しありました。ですがコーチングが進み自分と向き合うことでいつの間にか見られている、デモセッション中だということを忘れ、周りの目が気にならなくなり、しっかりと自分と向き合っていました。このクラスで大切にされている「臨場する」「ありありと思い描く」という感覚にほんの数分でさせられていたことに気づいたのは、デモセッションが終わって周りの人の存在を思い出した時でした。

 この体験から私は、「コーチングってすごい」そして「あと3年早くコーチングに出会っていたらもっと良い成績が残せたかもしれない」と感じました。そのように感じた理由や、何がすごいのかはまたこれから少しずつお伝えしていけたらと思います。

 その体験から、これまで選手としてサポートされる側だったけど今後はサポートする側に回りたいと思うようになり、「メンタルコーチングに出会えたから自分の目標が達成できた」というような選手を少しでも増やしていきたいと思っています。その目標は人それぞれでいいのです。自分が思う自分自身の最大の目標に向かって努力している人たちのサポートが少しでもできれば嬉しいです。

 

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください